最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

もつれ (小学館文庫)

  • 4 読みたい
  • 57 現在読んでいるもの

発行元 ロバート・ベイリー .

    Download もつれ (小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, もつれ (小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする もつれ (小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 もつれ (小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 もつれ (小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ジグムント・ミウォシェフスキ
    • 訳者:  田口俊樹
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  もつれ
    • 発売日:  2018年12月21日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4325727370001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    予想の斜め上を行くポーランドの怪作小説!


     ワルシャワ市内の教会で、右眼に焼き串を突かれた男の遺体が見つかった。被害者は、娘を自殺で亡くした印刷会社経営者。容疑者は、彼と共にグループセラピーに参加していた男女3人と、主催者のセラピスト。中年検察官シャツキは早速捜査を進めるが、調べれば調べるほど事件の闇は深まっていく。一方で、愛する妻と娘に恵まれながらもどこか閉塞感を抱いていたシャツキは、事件の取材に訪れた若い女性記者に惹かれ、罪悪感と欲望との狭間で悶々とする。やがて、被害者の遺品から過去のある事件に気づくシャツキ。真実に手が届こうとしたその時、思わぬ事態が……。

     日本中のミステリーファンを唸らせたポーランドの怪作『怒り』、その「シャツキ三部作」の第一作がいよいよ日本上陸。ハードボイルドなのにポップ、凄惨なのに笑える、一度読んだら中年クライシス男のボヤキがやみつきに!? 予想の斜め上を行く傑作ミステリー!

あなたも好きかもしれません

もつれ (小学館文庫) by ロバート・ベイリー ダウンロード PDF EPUB F2