最後に編集されたのは 管理者
15.12.2020 | 歴史

100年を生きる 心臓との付き合い方

  • 9 読みたい
  • 99 現在読んでいるもの

発行元 天野篤 .

    Download 100年を生きる 心臓との付き合い方 本 Epub や Pdf 無料, 100年を生きる 心臓との付き合い方, オンラインで書籍をダウンロードする 100年を生きる 心臓との付き合い方 無料で, 本の無料読書 100年を生きる 心臓との付き合い方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 100年を生きる 心臓との付き合い方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  天野篤
    • シリーズ名:  100年を生きる 心臓との付き合い方
    • 発売日:  2020年10月01日
    • 出版社:  講談社ビーシー
    • 商品番号:  7276000116288
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    心臓血管外科医・天野篤の「心臓生き方書」は、

    「日刊ゲンダイ」の人気連載「心臓病はここまで治せる」からの電子書籍化第一作。

    上皇陛下執刀医の「110歳までトラブルのない心臓を目指すための読み物書です。

    60代から増えていく心臓病。

    その危険信号、予見、予防、治療、そして心臓手術の今、

    費用、医師、病院との付き合い方までを網羅した、

    上皇陛下執刀医による心臓との付き合い方の決定版です。


    心臓はハートの形をしたこぶし大の筋肉の塊。

    左右の肺に挟まれ、胸の中央のみぞおちあたりにあります。

    多くの成人の心臓は重さ約250~300グラム。

    1分間に約70回、1日に約10万回も収縮と拡張を繰り返し、

    体に新鮮な血液を送り込み、

    同時に体内から戻ってきた血液を取り込んでいます。

    「これからは多くの人が100年を生きる時代になります。

    抗がん剤などの薬、手術支援ロボットによる手術や、

    人工臓器の進歩がさらに進み、

    平均寿命は当たり前のように延びていくでしょう。

    心臓は命が尽きるまでずっと鼓動し続けます。

    ですから、今の私は、

    『110歳までトラブルなく生きられる手術』を目指しています。」 (本書より)


    第1章 心臓病治療の今

    第2章 心臓病は予見できる

    第3章 心臓を守る暮らし方

    第4章 心臓に悪影響。この症状、この病気

    第5章 医療の進化のなかで

    終章 賢く医師を使うために


    著者プロフィール


    天野/篤(あまのあつし)心臓血管外科医。順天堂大学医学部教授。

    1955年、埼玉県蓮田市に生まれる。1983年、日本大学医学部卒業後、医師国家試験合格。関東逓信病院(現・NTT東日本関東病院。東京都品川区)で臨床研修医ののち、亀田総合病院(千葉県鴨川市)研修医となる。1989年、同心臓血管外科医長を経て、1991年、新東京病院(千葉県松戸市)心臓血管外科科長、1994年、同部長。1997年、新東京病院での年間手術症例数が493例となり、冠動脈バイパス手術の症例数で日本一となる。2012年2月、東京大学医学部附属病院で行われた上皇陛下(当時の天皇陛下)の心臓手術(冠動脈バイパス手術)を執刀。2016年4月より2019年3月まで、順天堂大学医学部附属順天堂医院院長。2012年、松戸市民栄誉賞、蓮田市民栄誉賞、埼玉文化賞、受賞。

    近著に「熱く生きる」(オンデマンド版、電子版=講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー/講談社)がある。


    本作品は、縦書き表示での閲覧を推奨いたします。横書き表示にした際には、表示が一部崩れる恐れがあります。ご利用になるブラウザまたはビュワーにより、表示が異なることがあります。

あなたも好きかもしれません

100年を生きる 心臓との付き合い方 by 天野篤 ダウンロード PDF EPUB F2