最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス

  • 23 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 IoT産業技術研究会(著) .

    Download 未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス 本 Epub や Pdf 無料, 未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス, オンラインで書籍をダウンロードする 未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス 無料で, 本の無料読書 未来IT図解 これからのディープラーニングビジネスオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  南野 充則
    • 発売日:  2019年06月25日
    • 出版社:  エムディエヌコーポレーション(MdN)
    • 商品番号:  4694844368740
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※本書は固定レイアウト型の電子書籍です。


    【すべてのビジネスパーソン、必読! やさしい文章と豊富な図解で「ディープラーニング」がよくわかる!】


    今、第3次人工知能ブームが到来しています。その一因を担っているのが「ディープラーニング」です。「ディープラーニング」は、これからの時代にとても重要となる技術と考えられていますが、一方でとても複雑なものであり、専門家にしか理解できないと捉えられています。その大きな原因は、「ディープラーニング」のしくみをわかりやすく説明することが困難であることにあります。


    第1に、「ディープラーニング」を理解するためには、まず「ディープラーニング」登場以前に行われてきた研究もふまえないといけないという点。「ディープラーニング」を一足飛びに理解するのはなかなか難しく、前提として「ニューラルネットワーク」などのアルゴリズムを理解しないといけません。「ディープラーニング」を理解するための要素としては、必要な知識が多く、調べるだけで大量の時間を費やしてしまいます。


    第2に、「ディープラーニング」や「ニューラルネットワーク」などのアルゴリズムを説明する際には数式を使うのが一般的になっており、技術的・数学的バックグラウンドがなければ、理解するためのハードルがとても高い点。数式が出てきた時点で、そっと本を閉じる方は多いのではないでしょうか。


    しかし「ディープラーニング」は、これからあらゆる業界・業種が関わっていくことになります。だから専門家ではなくても、「どんなものなのか」「何ができるのか」は誰でも知っておく必要があるのです。


    本書では、これらの課題を解決するために「ディープラーニング」を最短で理解するための情報を提供しています。PART1でAIの歴史と変遷をたどりながら「ディープラーニング」についてを説明。PART2でユースケースを解説し、具体的にどのように使われているかを理解していただきます。PART3では未来を予測し、どのようなことが起こっていくのかをまとめました。また、全編を通じて、イラストを多用することで、「ディープラーニング」をできるだけ直感的にわかりやすく理解できるようになっています。


    〈本書のおもな内容〉

    ■PART1 ディープラーニングとは

    ■PART2 実用化されるディープラーニング

    ■PART3 ディープラーニングがもたらす未来

あなたも好きかもしれません

未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス by IoT産業技術研究会(著) ダウンロード PDF EPUB F2