最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

“それ”は在る

  • 13 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 ブレイン・バルドー .

    Download “それ”は在る 本 Epub や Pdf 無料, “それ”は在る, オンラインで書籍をダウンロードする “それ”は在る 無料で, 本の無料読書 “それ”は在るオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 “それ”は在る 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ヘルメス・J・シャンブ
    • シリーズ名:  “それ”は在る
    • 発売日:  2018年10月01日
    • 出版社:  ナチュラルスピリット
    • 商品番号:  7276547546001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「本作では、思考は私ではない、という教えの部分が、かなり強烈に書かれております。著者は改めて、過去に読んだ書物をなんとなく思いめぐらしましたが、驚いたことに、ほとんど全く、どの書物も明確に伝えていません。おそらく、本作にも書かれているように、思考が自分ではないなら、どのように学びが起きるのか、誰が何を学んでいるのか、というとても重要な問題に遭遇するからです。思考や想念や身体は、本当の自己ではない、とは多く書かれていますが、思考が自分ではない、という問題に詳細に触れているものを見たことがありません。そのような意味において、この部分はまさに、本作にもあるように、一気に階段を登り、存在自体に戻る体験を作り、与えることができる作品かもしれません。」(著者より)

あなたも好きかもしれません

“それ”は在る by ブレイン・バルドー ダウンロード PDF EPUB F2

まさに、この一冊で私も気づきました。いや、既に私は知識として以前から分かっていたのです。ですが知識として知っていただけでした。しかし、この本を実際に読むことにより、私は真に気づいたのです。片鱗に触れたのです。私はないと。全ての物語は既に完成していると。ただ、真の存在が経験したいことを経験するために幻想の私がいるのだと。その後、お釈迦様の説かれていることも自然と分かってきました。なぜなら、全ては一つだから。彼らの悟りは、私の悟りであり、彼らの気づきは私の気づきだからです。お釈迦様は、難しいことは何も言っていなかったのですね。この世での煩悩に対する執着を捨てよ。これは、ただ、この世を楽に生きるための方法を説かれていただけなのだと気がつきました。いうなれば無為自然。老子の生き方もまた、この世を楽に生きるための教えだったのです。簡単に言えば”ハンドルを手放せ”です。為すに任せよ。なるがままにせよ。所詮、全ては真の存在が設定したプログラム通りにしか進まないのですから、ハンドルを握っていても全く意味がありません。つまり、鉄道のようなものです。始発駅も終着駅も途中の停車駅も全て決まっているのです。従って、「私」は、ただの幻想でしかないと気づけば、この世はとても楽に生きられます。しかし、「私」こそが真実で「私」に囚われている人には、とても理解できないことでしょう。でも、それも真の存在が経験したいと考えて執着する「私」を作り出しているのですから、それもまた善しなのです。楽しみたくて、わざわざお化け屋敷に入るのと同じです。不自由さを体験したくて無人島などでキャンプ生活をするのと同じです。だから、せいぜい恐怖や不自由さを楽しんだらいいと思います。なぜなら、真の存在が、それを経験したくて経験しているのですから。