最後に編集されたのは 管理者
21.01.2021 | 歴史

サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて

  • 52 読みたい
  • 99 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて 本 Epub や Pdf 無料, サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて, オンラインで書籍をダウンロードする サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて 無料で, 本の無料読書 サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめてオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  小島 定吉, 藤原 耕ニ
    • 発売日:  2020年11月27日
    • 出版社:  共立出版
    • 商品番号:  4524320114370
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ポアンカレ予想を超えた数学者が見た景色とは


    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    ウィリアム・サーストン(1946-2012年)は,幾何学に大きな足跡を残した数学者である。1982年に3次元多様体の研究に対する貢献でフィールズ賞を受賞し,(ポアンカレ予想を含む)幾何化予想を提唱したことでも知られている。

    サーストンは生前,幾何化予想を万華鏡にたとえた。色を8種類の幾何構造,細片を多様体のピース,鏡映模様を幾何学的ピースに分解された3次元多様体に。万華鏡を一振りするたびに新しい多様体が生まれる。

    サーストンはその独特の感性で,どのような数学を描いたのか。そして,数学の理解と伝承の困難さに向き合ったとき,数学の進展についてどのような示唆を与えたか。

    豪華な著訳者陣が,多様な角度からサーストンの数学観を紐解く。そこには,人の心理と切り離すことのできない数学の営みが,鮮やかに浮かび上がるだろう。

あなたも好きかもしれません

サーストン万華鏡 人と数学の未来を見つめて by none ダウンロード PDF EPUB F2