最後に編集されたのは 管理者
21.01.2021 | 歴史

木島日記 もどき開口 (角川書店単行本)

  • 15 読みたい
  • 2 現在読んでいるもの

発行元 大塚 英志 .

    Download 木島日記 もどき開口 (角川書店単行本) 本 Epub や Pdf 無料, 木島日記 もどき開口 (角川書店単行本), オンラインで書籍をダウンロードする 木島日記 もどき開口 (角川書店単行本) 無料で, 本の無料読書 木島日記 もどき開口 (角川書店単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 木島日記 もどき開口 (角川書店単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大塚 英志
    • レーベル:  角川書店単行本
    • シリーズ名:  木島日記
    • 発売日:  2017年11月02日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4337434500300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「父を、殺しに行くのだ」民俗学者・折口信夫の元に居候する美少女・美蘭がつけはじめた「明後日の日記」。そこには未来の予言が記されていた。大量の水死体発見、折口に依頼される謎の映画脚本、黄泉から蘇るアナキストーー。死者と生者が交錯する世界に、折口、美蘭そして仕分け屋のはずの木島までが巻き込まれてゆく。シリーズ史上最大の「仕分け」をするのは、折口の師・柳田國男。挿画:森美夏

あなたも好きかもしれません

木島日記 もどき開口 (角川書店単行本) by 大塚 英志 ダウンロード PDF EPUB F2

あってはならないとされる事を始末する…面白い話です。