最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か

  • 81 読みたい
  • 22 現在読んでいるもの

発行元 東浩紀 .

    Download コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か 本 Epub や Pdf 無料, コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か, オンラインで書籍をダウンロードする コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か 無料で, 本の無料読書 コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安かオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  西田亮介
    • シリーズ名:  コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か
    • 発売日:  2020年07月21日
    • 出版社:  朝日新聞出版
    • 商品番号:  4910000100382
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    コロナ禍があぶり出した日本の抱える政治、法律、社会システム等の課題を解き明かす。急拡大する伝染が不安を招き、不安もまたメディアやSNSを通じて伝染した。ポスト・コロナに向け、不安に感染されない社会をつくるための考察の書。

あなたも好きかもしれません

コロナ危機の社会学 感染したのはウイルスか、不安か by 東浩紀 ダウンロード PDF EPUB F2