最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版)

  • 77 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 辺見 庸 .

    Download 強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, 強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする 強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版) 無料で, 本の無料読書 強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 強制不妊 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  毎日新聞取材班
    • レーベル:  毎日新聞出版
    • 発売日:  2019年04月17日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000009727
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    障害者は、子どもを産んではいけないのですか? それは、基本的人権の尊重を謳った日本国憲法下で、国家が半世紀近くも障害のある人々に不妊手術を強いた「究極の人権侵害」だった。国家による“命の選別”はなぜ行われ、なぜ放置されたのか。そして、優生保護法なき今の社会に「産む自由」はあるのかーー。毎日新聞取材班による衝撃のドキュメント。かつて、「不良な子孫の出生を防止する」と謳った優生保護法の下、2万人以上の「障害者」が不妊手術を強いられた。終戦直後の1948年につくられ、96年まで続いた優生保護法。半世紀近くの間「強制不妊」が行われたのはなぜだったのか。厚生労働省や各都道府県に残された資料と、被害者、当時手術を行う側だった医師らの取材から、その実態に迫る。2018年度新聞協会賞受賞キャンペーン報道「旧優生保護法を問う」待望の書籍を電子化! 掲載記事、1年余で実に500本以上。「資料の発掘を通じて負の歴史を検証し、被害者・家族の悲しみや意志の悔恨など、数々の証言を引き出し多角的に報じた一連の報道が、救済制度実現の動きにつなげた」(新聞協会賞受賞理由より) 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

強制不妊(毎日新聞出版) 旧優生保護法を問う (毎日新聞出版) by 辺見 庸 ダウンロード PDF EPUB F2