最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践

  • 37 読みたい
  • 34 現在読んでいるもの

発行元 安宅和人 .

    Download 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践 本 Epub や Pdf 無料, 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践, オンラインで書籍をダウンロードする 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践 無料で, 本の無料読書 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 場から未来を描き出す――対話を育む「スクライビング」5つの実践 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ケルビー・バード, 山田夏子
    • 訳者:  牧原ゆりえ, 北見あかり
    • シリーズ名:  場から未来を描き出すーー対話を育む「スクライビング」5つの実践
    • 発売日:  2020年09月09日
    • 出版社:  英治出版
    • 商品番号:  4910000108955
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    言葉で問うのではなく、「描く」ことで、対話を深めるー。


    発言者の話す内容だけではなく、場のエネルギー、人と人との関係性、一人ひとりの感情をも、描き出すファシリテーションとは。

    「言葉になっていない」ものが可視化されることで、人々の内省や当事者意識が促され、新しい洞察やビジョン、未来が生み出されていく。

    日本でも注目。U理論深化の一翼を担った著者が説く、新しい場づくりの実践。


    【スクライビングとは】

    人々が対話している間に、発言者の話の内容や考えを視覚的に表すこと。


    ●単なる「わかりやすさ」や「美しさ」を超えた、描くことの深い効果を「U理論」や「学習する組織」など、組織開発の理論をベースに解説。

    ●「在る」「融合する」「捉える」「知る」「描く」という5つの実践モデルで、生成的な場づくりを紐解く。

    ●カラーページで、著者の実際のスクライビングも多数掲載。

あなたも好きかもしれません

場から未来を描き出すーー対話を育む「スクライビング」5つの実践 by 安宅和人 ダウンロード PDF EPUB F2