最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

抗認知症薬の不都合な真実

  • 17 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 吉田美紀子 .

    Download 抗認知症薬の不都合な真実 本 Epub や Pdf 無料, 抗認知症薬の不都合な真実, オンラインで書籍をダウンロードする 抗認知症薬の不都合な真実 無料で, 本の無料読書 抗認知症薬の不都合な真実オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 抗認知症薬の不都合な真実 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  長尾和宏, 東田勉
    • シリーズ名:  抗認知症薬の不都合な真実
    • 発売日:  2020年06月19日
    • 出版社:  現代書林
    • 商品番号:  4910000087646
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    2018年6月、フランスの厚生省は、以下の4種類の抗認知症薬を保険適用から外すという衝撃的な発表を行った。


    ・ドネペジル(日本での商品名アリセプト)

    ・ガランタミン(同レミニール)

    ・リバスチグミン(同イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ)

    ・メマンチン(同メマリー)


    「これらの薬を使うことで症状の緩和、死亡率の低下といった良い結果が得られる証拠は不十分であり、一方有害事象の多さは無視できない」というたいへん厳しい評価が下されたのである。


    しかし、日本国内では、これら4種の抗認知症薬は依然として広く広く使われている。


    抗認知症薬は本当に認知症に効くのか?

    効果が期待できないとしたら、なぜ、日本国内の治験で承認されたのか?

    それらの疑問を解明すべく、各製薬メーカーから公表されている「治験データ」を丹念に読み解き検証をした結果、浮かび上がってきた驚くべき事実とは……

あなたも好きかもしれません

抗認知症薬の不都合な真実 by 吉田美紀子 ダウンロード PDF EPUB F2