最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

呼吸器の子

  • 29 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 松永正訓 .

    Download 呼吸器の子 本 Epub や Pdf 無料, 呼吸器の子, オンラインで書籍をダウンロードする 呼吸器の子 無料で, 本の無料読書 呼吸器の子オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 呼吸器の子 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松永正訓
    • 発売日:  2020年10月02日
    • 出版社:  (株)現代書館
    • 商品番号:  9784768440247
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    呼吸器の子と共に生きる楽しい毎日


    2歳までのいのちと言われるゴーシェ病という先天性難病で、人工呼吸器をつけて14歳まで成長した凌雅君をめぐる、親、関わる訪問看護師・ヘルパー、医師、特別支援学校教員たちの日々の営みを丁寧に記し、生きることの究極の意味を考える。


    【目次】

    プロローグ  呼吸器の生活が楽しい

    第一章 風呂に入る

    第二章 奈落の底で

    第三章 集まる親たち

    第四章 教育って何?

    第五章 支える人たち

    第六章 特別支援学校に通う

    第七章 リハビリの長い道

    第八章 みんなが見ている

    第九章 水族館へ行こう

    第十章 誕生日の贈り物に

    エピローグ  そしてまた一歩

    あとがき


    【著者】

    松永正訓

    1961年、東京都生まれ。

    1987年、千葉大学医学部を卒業し、小児外科医となる。日本小児外科学会・会長特別表彰(1991年)など受賞歴多数。

    2006年より、「松永クリニック小児科・小児外科」院長。

    『運命の子 トリソミー──短命という定めの男の子を授かった家族の物語』(小学館)にて、二〇一三年、第二十回小学館ノンフィクション大賞を受賞。

    著書に『小児がん外科医──君たちが教えてくれたこと』(中公文庫)、『子どもの危険な病気のサインがわかる本』(講談社)など。

あなたも好きかもしれません

呼吸器の子 by 松永正訓 ダウンロード PDF EPUB F2