最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

人生劇場 青春篇(全)

  • 59 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 尾崎 士郎 .

    Download 人生劇場 青春篇(全) 本 Epub や Pdf 無料, 人生劇場 青春篇(全), オンラインで書籍をダウンロードする 人生劇場 青春篇(全) 無料で, 本の無料読書 人生劇場 青春篇(全)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人生劇場 青春篇(全) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  尾崎 士郎
    • シリーズ名:  人生劇場
    • 発売日:  2015年02月28日
    • 出版社:  くぇい兄弟社
    • 商品番号:  1230000308439
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人生劇場は、作者である尾崎士郎を色濃く投影した青年、青成瓢吉(あおなり・ひょうきち)の成長を描いたビルドゥングス・ロマンであり、彼を取り巻く個性豊かな人たちの群像劇でもある。昭和8年に都新聞に連載が始まるとたちまち評判を呼び、以降、愛憎篇、残侠篇、風雲篇、離愁篇、夢幻篇、望郷篇と書き続けられた。

    開幕篇とも言うべき青春篇では、三州横須賀(愛知県東部)を舞台とした瓢吉の生い立ちから筆を起こし、瑞々しい思春期を経て無鉄砲な学生生活を送るなかお袖と運命的な出逢いを果たし、父の死や故郷との訣別といった試練を乗り越えて、友人の社会主義運動に巻き込まれそうになるまでを描く。


    【目次】

    上巻

    ・序章

    ・中学生くずれ

    ・花道

    ・銅像問題

    ・才子佳人を得たり

    ・嵐

    下巻

    ・星霜

    ・一栄一落

    ・郷村を去る日

    ・ハルピンへ!

    ・青春の伝説

    ・明滅章


    しみじみと感じられるのは、このころの日本人がいかに自分の欲望にストレートだったか、ということだ。ここには、周囲に配慮するといった現在の感覚は通用しない。登場する人物の誰もが、カネが欲しい、良い思いがしたいといった欲望を節操なく抱き、無鉄砲で自堕落で、そして身勝手である。

    理性が勝った現代人に通じる登場人物は、不忍キネマである程度の地位まで上った「呑み込みの半助」くらいだが、卑小でつまらない人物として扱われている。

    大人しくこじんまりとした現在の日本人は、文明が浸透して洗練されてきた姿なのか、それとも老いさらばえ果てた姿なのか、それはこの本の暑苦しい男どもを読んだ後の読者に判断をゆだねたい。


    - - - - - - - - - -

    この電子書籍は、新潮文庫版「人生劇場 青春篇」上巻(54刷、昭和57年12月10日)、下巻(49刷、昭和57年12月10日)を底本としてテキスト化しました。

    版面をスキャンしただけの自炊本のようなものと異なり、真っ当な電子書籍ですので、どのKindle端末、アプリでもストレスなくお読みいただけます。もちろん、目次機能、文字の拡大縮小、検索機能等が利用できます。

    また、数多くある古典籍などからの引用やパロディにできるだけ註を付し、読書に際しての一助としました。

あなたも好きかもしれません

人生劇場 青春篇(全) by 尾崎 士郎 ダウンロード PDF EPUB F2