最後に編集されたのは 管理者
01.01.2021 | 歴史

津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを

  • 10 読みたい
  • 91 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download 津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを 本 Epub や Pdf 無料, 津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを, オンラインで書籍をダウンロードする 津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを 無料で, 本の無料読書 津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりをオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  菅原文子
    • 発売日:  2014年12月19日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000005113
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    菅原文子さんは宮城県気仙沼市で東日本大震災で被災され、津波でご主人と義父母を喪われました。被災当初その夫の行方がまったくわからず、悲嘆に暮れるなか、被災から一ヵ月半後に家業の酒店「すがとよ」を息子さんたちと再開します。「負げねぇぞ 気仙沼」と自身の筆でしたためたラベルは、復興のシンボルとして全国で話題になりました。それでも菅原さんの心の中にはポッカリ開いた大きな穴がありました。依然ご主人の行方がわからなかったのです。そんなとき、「恋文大賞」の存在を知り、まわりの勧めもあって、夫への手紙をしたため応募します。その一文が審査員の目に留まり、第二回「恋文大賞」の大賞受賞となりました。そして、震災から一年三か月が過ぎた頃……。本書は、そんな菅原文子さんの、震災から夫の帰りを待ちわびた日々を中心に、あの日起こったこと、復興への想いなどを綴った手記です。夫への愛、残された家族への想い、困難にもめげず生きていく姿には、まわりが教えられるものがあります。震災から二年目を迎えるこの三月、あらためてあの悲劇とは何だったのかを振り返る絶好の一冊です。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

津波に襲われた街で生きる妻から あなたへの恋文 夫よ、もう一度その手のぬくもりを by none ダウンロード PDF EPUB F2