最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

我が家のヒミツ (集英社文庫)

  • 18 読みたい
  • 86 現在読んでいるもの

発行元 三浦しをん .

    Download 我が家のヒミツ (集英社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 我が家のヒミツ (集英社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 我が家のヒミツ (集英社文庫) 無料で, 本の無料読書 我が家のヒミツ (集英社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 我が家のヒミツ (集英社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  奥田英朗
    • レーベル:  集英社文庫
    • シリーズ名:  我が家のヒミツ
    • 発売日:  2018年07月27日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4825357080001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    結婚して数年。自分たちには子どもができないようだと気づいた歯科受付の敦美。ある日、勤務先に憧れの人が来院し…(「虫歯とピアニスト」)。ずっと競い合っていた同期のライバル。53歳で彼との昇進レースに敗れ、人生を見つめ直し…(「正雄の秋」)。16歳の誕生日を機に、アンナは実の父親に会いに行くが…(「アンナの十二月」)。など、全6編を収録。読後に心が晴れわたる家族小説。

あなたも好きかもしれません

我が家のヒミツ (集英社文庫) by 三浦しをん ダウンロード PDF EPUB F2

奥田英朗さんの本はほとんど読んでいます。奥田さんの世の中をちょっぴりシニカルに見る視線が好きです。この本は短編集で前作2つの後編といっていい位置づけ。『手紙に乗せて』が一番刺さりました。人には思いやりのある人、ない人がいて、結局は同じ経験(=悲しみ)をすでにしているかどうか、ということ、これは少し乱暴だけど、あらかた間違っていないと思います。奥田さんの本のファンなら決して裏切られない読後の爽快感はいいと思います。謎の隣人についての短編、『妊婦と隣人』は、まったく響いてこなかったです。あと、「妻と選挙」は、実際に奥田英朗さんのお話をベースにしたフィクションなのではないかと思って、読後に調べましたが、そうではなさそうですね。