最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫)

  • 96 読みたい
  • 51 現在読んでいるもの

発行元 小湊悠貴 .

    Download ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫) 無料で, 本の無料読書 ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小湊悠貴, イシヤマアズサ
    • レーベル:  集英社オレンジ文庫
    • シリーズ名:  ゆきうさぎのお品書き
    • 発売日:  2017年03月24日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4823705820003
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    小料理屋「ゆきうさぎ」でアルバイトをしている大学生の碧(あおい)。秋のある日、店に訪れた女性客と店主の大樹が何かを話していた。女性は大樹の弟、瑞樹の奥さんだという。わざわざ店を訪ねてきたことには理由がありそうだが、話したくないようで? “おいしい”シリーズ第3弾! 思い出のおでん、恋を応援する練り切り、心をときほぐす「おやき」…などをご用意しています。【目次】序章 過去のある日の店開き/第1話 晩秋時雨と牛しぐれ/第2話 熱々おでんと雪見酒/第3話 春の宵には練り切りを/第4話 梅雨の祭りと彩りおやき/終章 現在(いま)のある日の店仕舞い/巻末ふろく 牛しぐれ&おやきレシピ

あなたも好きかもしれません

ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫) by 小湊悠貴 ダウンロード PDF EPUB F2