最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言

  • 76 読みたい
  • 61 現在読んでいるもの

発行元 上野 正彦 .

    Download 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言 本 Epub や Pdf 無料, 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言, オンラインで書籍をダウンロードする 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言 無料で, 本の無料読書 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  上野正彦
    • 発売日:  2014年01月07日
    • 出版社:  カンゼン
    • 商品番号:  4920073000094
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    著者の上野正彦は監察医としてかつて2万体の検死を行ってきた。

    一言も言葉を発しない死体の声を聴き、死に隠された真相を解き明かしていく……

    それが監察医の仕事である。

    もの言わぬ死体を検死している監察医からすれば、死体でさえあれほど多くのことを語っているのに

    生きている子どもたちを見ていていじめの実態がわからないはずがない。

    自我の確立のない子どもが果たして自殺するであろうか。

    「自殺は他殺である」ということを、もっと広く世間に訴えていく必要がある。


    大ベストセラー『死体は語る』の上野正彦による、最後の提言ともいえる本作。

    弱者が疎外され、孤立していく社会の闇、警察や学校、教師の怠慢、自己中心的な考えになっていく若者たちの姿に

    憂いを感じている著者が、年間3万人の自殺者を出す“自殺大国”となった日本の現状に警鐘を鳴らすーー。

あなたも好きかもしれません

自殺の9割は他殺である 2万体の死体を検死した監察医の最後の提言 by 上野 正彦 ダウンロード PDF EPUB F2