最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

マニュファクチャー2030 未来の製造業

  • 16 読みたい
  • 94 現在読んでいるもの

発行元 河本 薫 .

    Download マニュファクチャー2030 未来の製造業 本 Epub や Pdf 無料, マニュファクチャー2030 未来の製造業, オンラインで書籍をダウンロードする マニュファクチャー2030 未来の製造業 無料で, 本の無料読書 マニュファクチャー2030 未来の製造業オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 マニュファクチャー2030 未来の製造業 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  竹内芳久, 川上正伸, 松島大輔, 松林光男
    • 発売日:  2019年05月17日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4660000273440
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


     本書は「日本の製造業の未来」についてまとめたものです。日本は1980年代、製造業を核に“Japan as No.1”として世界一のGDPと競争力を有し

    ていましたが、現在のGDPは世界3位に後退し、競争力も26位にまで順位を下げています(スイスIMD 世界競争力センターの調査より)。

     “Japan as No.1”と称されたころの製造業を知る者にとって、現在の状況はもどかしく、「どうすれば世界一の座に返り咲くことができるのか」と考える日々です。本書では、製造業に関わる学者やコンサルタントの英知を集め、この課題についてのひとつの解を示そうと取り組みました。


     製造業の競争力は、製品(ハード)そのものの競争力と、製品のサービス化での競争力が重要になります。この2つの競争力を向上させるのはまぎれもなく技術力であり、「ハードの技術力(製品に対する技術力)」と「ソフトの技術力」の両方が欠かせません。ハードの技術力の大小は、設計者や生産技術者などのエンジニアリングチェーン(研究・開発・生産技術)の人材の質と量(質×量)により決まります。一方のソフトの技術力は、サプライチェーン(計画・調達・生産・販売・物流)の業務推進者と、IT・IoT・AI活用のシステムに関わる人材の質と量により決まると考えます。


     本書では、日本の製造業が再び世界一の座に返り咲くために技術面、経営面から提言をします。(本文から抜粋)

あなたも好きかもしれません

マニュファクチャー2030 未来の製造業 by 河本 薫 ダウンロード PDF EPUB F2