最後に編集されたのは 管理者
20.01.2021 | 歴史

ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫)

  • 83 読みたい
  • 18 現在読んでいるもの

発行元 金平敬之助 .

    Download ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  金平敬之助
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000484
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「お客さんから言われて一番嬉しい言葉は?」ある時、異なる会社で働く三人のハイヤー乗務員に尋ねてみた。驚いたことに、彼らは揃って「気をつけて」だと答えた。そのひと言で、疲れも一瞬に吹き飛ぶというのだ。そう、ひと言の言葉は、人を勇気づけもするし、傷つけもする。いわば両刃の刃のようなものなのである。本書は、営業現場のリーダーを長年にわたり務めてきた著者が、仕事や人間関係をスムーズにするひと言のちがいとは何かを考察した100のコラム集である。冒頭の「気をつけて」のひと言。深夜、道路もすいている、乗客も乗せていない、ついスピードを出しがちになる……。そんな乗務員を気遣った思いやりが「気をつけて」の中に込められていたのだろう。だからこそ、乗務員の心にも響いたに違いない。これと同様、人に喜びと感動を与えてくれ、チャレンジ精神を掻き立ててくれるようなひと言を、リーダーなら部下にかけてあげたいものだ。

あなたも好きかもしれません

ひと言のちがい 忘れていた“大切なもの”に再会する100の話 (PHP文庫) by 金平敬之助 ダウンロード PDF EPUB F2